ξ゚听)ξのまんこはカードダスのようです 
1 名前:ほのぼの祭参加作品:2009/05/11(月) 21:22:14.09 ID:HFvpll9dP
ワイワイガヤガヤ

学校も終わる午後4時ごろ、駄菓子屋の前のガチャポン
の前に、小学生たちが集まっていた。

彼らの目当ては、カードダスと呼ばれるカードを販売するガチャポン。
小学生たちの間では、今そのカードダスのカードを
集めることがブームになっているのである。


('∀`)「おれ、きょうは500えんもってきたぞ!これで5かい
まわせるな!」

( ^ω^)「きょうこそレアカードがでるといいお」

彼らは小銭を手に、カードダスの前に立った。



ξ゚听)ξ
(   ) ウイーン
/(i)\
  G

コレが、この噂のカードダスの機械である。
5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/11(月) 21:29:03.33 ID:HFvpll9dP
('∀`)「じゃあまずおれからやるぜ!」

と、不健康そうな少年が言った。
彼はカードダスのヘソに100円玉をねじ込むと、
ハンドルを右に回した。

ガラガラ

ξ///)ξ「ちょっと!もっとゆっくり輪姦しなさいよね……」


ξ///)ξ「ああ!私の中に入ってくる!冷たい100円玉が
入ってくるのぉ!ああ!ニッケルが私の子宮をガンガン刺激するのォ!
もうだめ!イっちゃう!カード出ますゥ!カードダス!!!!」


(i)ブルブル

    ∬
(i) 三□ プシャー


やがて、カードダスのまんこから、
湯気の立ったカードが出てきた。
12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/11(月) 21:40:32.32 ID:HFvpll9dP
('∀`)「なにがでたかな♪なにがでたかな♪」

ξ;凵G)ξグスン

嬉しそうに歌を歌いながら、カードを手に取る少年。

('A`)「ちぇー、なんだ、マンコモンじゃないか、
レアがほしかったのに」

しかし、お目当てのカードじゃなかったようで、
残念そうに口を尖らせる。

ξ///)ξ「産んじゃったんだから、責任とりなさいよね!」

('A`)「しかたないなー」

そう言うと少年は、カードをケースに仕舞った。

( ^ω^)「つぎはぼくのばんだお!」
21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/11(月) 21:50:44.01 ID:HFvpll9dP
( ^ω^)「ぼくはせんえんもってきたから、どんどんまわすお!」

ξ゚听)ξ「ふぇ!?ちょっと!何すんのよ!」

もう一人の太った少年は、100円を入れては回し、
回して入れを、高速で繰り返し始めた。

チャリーン
ガラガラ

ξ///)ξ「ちょ、少しは休ませなさいよ、アッいっちゃう!」

プシャー

ξ///)ξ「はふぅ……って、また!?」

チャリーン
ガラガラ

ξ///)ξ「ふ、あ、そんなにまわしちゃらめええええええええええ!!」


プシャアアアアア!!
(O) 三□ 三□ 三□

カードは、まるでペプシのように次々と生み出されて行った。
27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/11(月) 21:55:50.78 ID:HFvpll9dP
しかし、五回ほど回し、次のカードの分を
回そうとした時だった。

ガチャ、ガチャ

( ^ω^)「あれ?まわしてもカードがでないお!」

('A`)「なかでカードがつまったんじゃないの」

ξ///)ξ「ほら、だから言ったじゃないの……
今日は危険日だって」

膣痙攣である。

こう言う時は、カードダスの製造会社である
マンダイにカードダスを送り、修理を依頼するしか無い。


从'ー'从「坊やたち、今日はこれでおしまいよ」

奥から駄菓子屋のおばちゃんが登場し、
小学生たちに向かってそう告げた。
39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/11(月) 22:04:57.03 ID:HFvpll9dP
それから数日後の夜。

熱い夜と言う名の修理を無事終え、
駄菓子屋に戻ってきたカードダス。
以前よりガバガバになり、カードが詰まることも少なくなった。

しかし、今は夜。
当然子供たちは家に帰っているし、
駄菓子屋のおばちゃんは、夜は種出し屋のおばちゃんである。

つまり、カードダスを見張っている人物が
だれもいない時間帯。

そんな時、一人の怪しげな人物がカードダスに近づいた。


ξ--)ξ「だめぇ……乳首を押してもお金は
返って来ません……むにゃむにゃ」
49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/11(月) 22:15:26.27 ID:HFvpll9dP
クチュクチュ……

ξ゚-)ξ「ん……?」

カード射出部に異変を感じ、カードダスは起動した。

果たして、カードダスの身に何が起こっているのか。


ξ゚听)ξ
(   ) クチュクチュ
/(i)==と(´・ω・` )


なんと、中年の男性が、カードダスの中を
針金でいじっているではないか。

ξ///)ξ「ちょ、なにすんのよぉ……それ以上イジられると、
10枚ぐらい出ちゃうよぉ///」


(´・ω・`)「フフフ、タダでカードを手に入れ、それを
カードショップに売れば結構な金になるぞ……」
61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/11(月) 22:25:40.38 ID:HFvpll9dP
ξ///)ξ「ちょっと、やめなさいって言ってるでしょ!
パワハラで訴えるわよ!」

しかし、無情にもカードダスの声は男には届かない。

(´・ω・`)「あれ、なんだか中が湿ってきたな、
カードが濡れるとヤバイ、早いとこ回収しなきゃ」

トロトロ

男は、針金を動かす手を早める。そのせいで、
カードダスの中は更にいやらしいお汁でいっぱいになる。
これぞ悪循環、デフレスパイラルである。

コツコツ

(´・ω・`)「あれ?なんか硬い小さなボタンみたいな部分に触れたぞ、
ここかな?」

ξ///)ξ「ちょ、そこはダメ、そこはダメなのおおおおおおお!」

男は、針金でその部分を強く刺激した。
63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/11(月) 22:31:52.98 ID:HFvpll9dP

::::::::::::::::::::::::......   ........::::::::::::::::::::::::::: ;;;;;;;::::::::::::::::::
           γ ⌒ ⌒ `ヘ
          イ ""  ⌒  ヾ ヾ    プシャアアアアアア!
        / (   ⌒    ヽ  )ヽ
        (      、 ,     ヾ )
 ................... .......ゞ (.    .  ノ. .ノ .ノ........... ........
 :::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、、ゝ.....|  |..., , ノソ::::::::::::::.......::::::
  _ _i=n_ ._ [l_ .._....,,. .-ー;''!  i;;;〜−ヽ_ii_i=n_ [l h__
  /==H=ロロ-.γ ,〜ー'''l ! |'''ーヾ  ヾ 「!=FH=ロロ
  ¶:::-幵-冂::( (    |l  |    )  )=HロΠ=_Π
  Π=_Π「Uヾ、 ⌒〜"""''''''⌒〜'"´ ノ;;'':::日lTΠl:::....
 Д日lTl,,..:''''"   ""'''ー-┬ーr--〜''""   :::Д日lT::::
 FH=n.:::::'            |   |         :::FL日l」:::::
 ロΠ=:::::.:.        ノ 从 ゝ       .::田:/==Д::
 口=Π田:::.                   .::::Γ| ‡∩:::::
 Γ| ‡∩Π::....                ...:::Eヨ::日lTlロ::::
 Д日lTlロ_Π::::.......            ...::::::::田:凵Π_=H:::

カードダスは爆発した。
かくして、子供たちの居場所は守られたのである。
72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/11(月) 22:40:09.92 ID:HFvpll9dP
――やがて、月日は流れた。

あれだけ人気を誇ったカードダスも、
ゲーム機などの波に押され、次第に精力を
失いつつあった。

ξ゚听)ξ
(   ) ポツーン
/(((i)))\


ξ゚听)ξ「はぁ……誰も遊んでくれないわね……」

ξ゚听)ξ「男たちが私を輪姦しまくった時代が、懐かしいわ」

ξ゚听)ξ「今ではカード射出部も、すっかり錆びちゃって……」


「おい、あのガシャポンみたいな機械見てみろよw」

ξ゚听)ξ「あれ?子供の声だわ?遊んでくれるのかしら?」

カードダスは、少しだけカード射出部を濡らした。
79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/11(月) 22:48:18.47 ID:HFvpll9dP
子供たちは、カードダスを指差し叫ぶ。

「見ろよ、あのグロマンwww」

「うっはwwwwテラキモスwwwwww俺アレ無理だわwww」

「やっぱ時代はwiiリモコンだよなwwwwww
あの振動たまらんwwww」

「はぁ?PS2舐めんなし。メモステ挿入部の気持ち良さマジ異常だから」

笑い声をあげながら、去っていく子供たち。

カードダスは、上も下もびしょびしょに濡らし続けた。

ξ;凵G)ξ「うう…、いっそのこと殺して……」
87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/11(月) 22:54:56.41 ID:HFvpll9dP
そんなカードダスに、声をかける青年が一人。

( ・∀・)「泣かないで、カードダス」

ξ゚听)ξ「あなたは……」

( ・∀・)「僕は、マンダイの企画部のものさ」

青年はそう述べた。

( ・∀・)「君は、『回虫王者・ムシIN具』ってゲームを知ってるかい?」

ξ゚听)ξ「噂には聞いているわ、最近子供たちの
人気になっている、カードを用いた最新のエロゲらしいけど……
それが私にどう関係が?」

( ・∀・)「我がマンダイでは、そのゲームをパクr……
いや、インスパイヤして、新たなゲームを生み出した」

青年は、カードダスにそっと手を差し伸べ、囁いた。


( ・∀・)「君は、『データカードダス』として、蘇るんだ」
94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/11(月) 23:04:55.35 ID:HFvpll9dP
それから、カードダスはマンダイの本社に連れられ、
改造され、新たなる姿でよみがえった。

そしてすぐさま、近くのゲームセンターに、
設置されたのである。



ワイワイガヤガヤ

幼い子供が、ゲームセンターの入り口付近に置かれた、
カードダスに興味を示す。

(Jr'A`)「あれ?なんだろう、このゲーム」

彼は、カードダスに100円を入れた。

ξ///)ξ「ふぁ…///、出るぅ///」

ポトッ

カードダス下部の取り出し口に、カードが一枚落ちてくる。

ξ゚听)ξ「ねぇ……私の下の中、入っていいよ……」

少年は、取り出し口に手を突っ込み、カードを取り出した。


ξ///)ξ「きゃっ!手首まで入ってくるなんて大胆ね!」
99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/11(月) 23:14:22.07 ID:HFvpll9dP
ナレーション「仮面ライダーカードをスキャンしてくれ!」

ξ゚听)ξ
(。人。)
  □スッ

少年は、カードをスキャンする。

ξ*゚ー゚)ξ「パイズリなんて、アンタもマセガキねえw」

ナレーション「なかなか面白い組み合わせだ!」



ナレーション「それじゃあキバっていけよ!ガンバラーイド!」

(jr'∀`)「すっげーやこのゲーム!いけ名護さん!」

少年は、かつてカードダスにハマっていた小学生のような笑顔を
見せながら、カードダスをプレイする。

それを見たカードダスは、少年に負けないぐらいの
笑顔を返し、かつてのように激しく喘いだ。


――おわり
104 名前: ◆wV78i2v2/M :2009/05/11(月) 23:17:51.16 ID:HFvpll9dP
支援ありがとうございました、これで投下は終わりです。
えっと、これを読んでみんなが、あったかくほのぼのしてくれればいいな、
って思って、一生懸命書きました。楽しんでくれましたか?
何か質問ありましたらどうぞ・
106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/11(月) 23:19:01.16 ID:IgZd7O0I0
マンコが落ちたり海賊になったりする人?
109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/11(月) 23:19:26.13 ID:iEd+009HO
ほのぼのした!
(Jr'A`)はドクオの息子?
116 名前: ◆wV78i2v2/M :2009/05/11(月) 23:22:47.07 ID:HFvpll9dP
>>106
まんこが空を飛んだり耳とチェンジする作品などを書きました。

>>109
ドクオの息子から生まれた息子なので、要するに息子です
◆wV78i2v2/Mさん
ありがとうございました
Back
inserted by FC2 system